ホーム > わかくさ愛育園

わかくさ愛育園タイトル

就学前の子どもさんとその家族を対象に、保育活動、機能訓練、医療的ケア、発達・相談支援などを提供しています。保育士、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理相談員が連携して療育に取り組んでいます。
保護者の方に子育てに必要な知識・技術・元気・喜びを獲得していただくことと、親子の愛着関係を形成することの重要性を考え、親子通園を基本としています。

 

わかくさ愛育園では、令和元年5月より、人工呼吸器を装着されている方も安心してご利用していただけるよう必要な設備を整えました。
詳しくは「わかくさ愛育園」までご相談ください。

 

 人工呼吸器を装着されている方のご利用について PDF
 

ちゅうりっぷ(医療型児童発達支援センター)

歩行機能・運動機能の訓練を必要とする子どもたちが通っています。訓練士(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)と連携しながら、遊びや生活習慣を中心においた保育活動を取り入れています。
子ども達が訓練で習得した力を高める場として環境設定を行い、能力が十分に発揮されるように考慮した保育活動を提供します(親子通園)。
利用時間:10:00~15:00(年齢により10:00~13:00)

  • 朝の会の様子
    朝の会
  • ボディペインティングの様子
    ボディペインティング
  • 給食の様子
    給食

すみれ(福祉型児童発達支援センター)

歩行可能で、知的な遅れや言葉に遅れのある子どもたち、集団になじめない情緒面や行動面に課題のある子どもたちが通っています。
年齢と保育年数に応じてグループ分けを行い、保育内容や時間をグループごとに設定しています。(親子通園/単独通園)
利用時間:10:00~15:00(年齢により10:00~13:00)

  • かたくり粉遊びの様子
    かたくり粉遊び
  • スライム遊びの様子
    スライム遊び

さくら(福祉型児童発達支援センター 重心児対象)

心身の障害の程度が極めて重く、常時介護を必要としたり医療ケアが必要な就学前の児童とその家族が、地域の中で共によりよい社会生活が送れるように援助することを目的としています。
家族と離れて(単独通園)、保育士、看護師、訓練士と一緒に保育活動をしながら、身体機能・健康の維持促進を目指します。

  • 給食の様子
    給食
  • ハロウィン
    ハロウィン

さくらユース(生活介護事業所/重症心身障害者)

平成24年4月の法改正により、重症心身障害児・者通園事業から指定生活介護事業所に移行しました。在宅の重症心身障害者(障害程度区分5・6)を対象に、日中活動(リハビリ・体調管理等)のサービスを提供します。
利用時間:10:00~16:00
 
令和元年10月、新たに入浴サービスを開始しました。

 入浴サービスのご案内 PDF

午前のメニュー(ストレッチ・体調管理など)

午前中は、体調管理と運動機能の維持・向上を目的に、個別メニューによるストレッチ・関節可動域訓練等の機能訓練を実施しています。

各メニューに関しては、ご家族のニーズを元にスタッフ間(サービス管理責任者、生活支援員、看護師、訓練士)で検討し、家族の同意を得て決定します。

午後のメニュー(療育活動)

スポーツレクリエーション、季節の行事、クッキング、大型遊具、制作などを中心に様々な活動を提供しています。

活動の一例

  • スポーツレクリエーション・・・ボーリング・風船バレー
  • 大型遊具・・・トランポリン・エアートランポリン・リニアグライダー等
  • 制作・・・ステンシル・貼り絵・陶芸・絵画・書道・アレンジメント等
  • 音楽活動・・・楽器演奏等
  • リラクゼーション・・・アロマテラピー・足浴・マッサージ・スヌーズレン等
  • エアートランポリンの様子
    エアートランポリン
  • スポーツレクリエーションの様子
    スポーツレクリエーション

保育所等訪問支援事業

保育所等訪問支援事業とは、保育所や幼稚園などに通う障害のある児童について、通い先の施設等を訪問し、障害のある児童及び保育所等のスタッフに対し、集団生活に適応するための専門的な支援や支援方法等の指導等を行う事業です。

 保育所等訪問支援事業のご案内 PDF

対象児童は?

現在、保育所や幼稚園等に通園しており、発達に遅れのある児童やその他特別な支援を必要とする児童

どんな支援?

  • 保育所などの集団生活に適応していくことができるように、訪問支援員(児童発達支援センター等で児童への発達支援の経験を有する児童指導員や保育士)が保育所等を訪問します。
  • 保育所の保育士等と相談しながら、実際の保育の中で直接支援を行います。
  • また、どのような関わり方や伝え方が適しているのか等を一緒に考えます。

ご利用までの流れ

(1) まずは、お住まいの市町村又は相談支援事業所に、保育所等訪問支援の利用についてご相談ください。
(2) お住まいの市町村の窓口に、保育所等訪問支援の利用のための受給者証の交付を申請してください。
(3) わかくさ愛育園に、「保育所等訪問支援の利用を希望する」旨をお伝えください。
(4) 市町村から「受給者証」が発行されましたら、わかくさ愛育園と調整のうえ、利用契約を締結します。
(5) 保護者と相談のうえで支援計画を作成し、訪問先の保育所等と調整を行い、訪問支援を開始します。

 

わかくさ愛育園相談支援事業所(指定障害児相談支援事業)

平成24年4月から、障害福祉サービスを利用される皆様は、「サービス等利用計画」「障害児支援利用計画」の作成が必要になりました。
わかくさ愛育園相談支援事業所は、皆様のご希望や目標をうかがい、障害福祉サービスなどのご利用について「障害児支援利用計画」の内容を一緒に考えさせていただきます。

 計画相談支援サービスのご案内 PDF

指定障害児相談支援

児童福祉法のサービス(児童発達支援・放課後等ディサービスなど)を利用するために必要な受給者証を取得するため、相談支援専門員の資格を持ったスタッフが障害児支援利用計画を作成し、一定期間ごとに障害児支援利用計画の見直し(モニタリング)を行う等の支援を行います。

福祉サービス利用までの流れ

(1) 相談受付
(2) 面接及び契約
(3) 障害児支援利用計画案の作成
(4) 支給決定
(5) 関係者会議の実施
(6) 障害児支援利用計画の作成
(7) サービスの利用開始
(8) 計画の見直し(モニタリング)

ご利用できる方

  • 障害児通所支援又は障害福祉サービスを利用する方(18歳未満の方)
  • 原則として、大和高田市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、香芝市、葛城市、宇陀市、磯城郡の各町、高市郡の各町村及び北葛城郡の各町に在住の方

保護者負担費用

費用はかかりません。

利用日時

月曜日から金曜日まで(祝日、12月29日~1月3日を除く)
  9:00~17:00  

 

わかくさ愛育園

TEL.0744-32-0200(代表)