ホーム > 自立訓練センター

自立訓練センタータイトル

自立訓練センターとは

自立訓練センターは、リハビリテーションの土台となる社会的リハビリテーションを行う施設です。皆さん個々のニーズや将来のライフスタイルに応じたサービスが提供できるように種々の訓練・実践・相談などの支援を提供しています。早期のニーズ達成を目指して、支援員と共に個別支援計画を作成し、訓練に参加していただきます。

  • 生活訓練の様子
    生活訓練
  • 機能訓練の様子
    機能訓練
  • 機能訓練の様子
    機能訓練

主な目的別訓練科目及び支援(個別のプログラムを提供します)

身体機能の維持・向上 理学療法(PT)・作業療法(OT)
高次脳機能の回復 脳トレーニング・作業療法(OT)・V-トレ(個別メニュー)
基礎体力の維持・向上 マット訓練・歩行訓練
社会参加 社会適応訓練(外出訓練)・家事動作訓練・社会性向上グループワーク
自動車運転免許取得 教習所までの送迎・トランスファー訓練等
相談支援 進路相談・福祉サービスの利用・介助方法etc.

支援スタッフ(専門家チームで支援します)

理学療法士・作業療法士・心理判定員・看護師・体育指導員・生活支援員・作業支援員・管理栄養士のチームで支援を行います。また、必要に応じて医師と連携します。

健康管理と安全管理(安心して利用できる施設運営を目指します)

自立訓練センターでは、ご利用される皆さんが安心して施設利用ができるように看護師による健康管理、リスク管理委員会を中心にした安全管理への取り組みを行います。また、苦情や虐待に対しての解決委員会を設置し、対策・改善を図ります。

 

サービスの種類とその内容

自立訓練(機能訓練):標準利用期間18ヶ月

身体機能の回復と基礎体力の向上を図り、社会の一員として積極的な社会参加や家庭内自立が果たせるように支援します。

自立訓練(生活訓練):標準利用期間24ヶ月

高次脳機能障害の改善を図り、生活能力向上によりスムーズな地域生活が営めるように支援します。

施設入所支援:上記訓練が終了するまでの間

ご自宅からの通所が困難な方に、必要な介助を行うと共に主体的な生活に向けた支援を行います。また、生活の場で日常生活動作の訓練を行います。

短期入所支援

自宅で介護を行っている方が病気などの理由により介護を行うことができない場合に、障害のある方に短期間入所してもらい、入浴、排せつ、食事のほか、必要な介護を行います。このサービスは、介護者にとってのレスパイトサービス(休息)としての役割も担っています。

計画相談支援

障害のある方が障害福祉サービスを利用する前に、サービス等利用計画を作成し、一定期間ごとにその見直し(モニタリング)を行う等の支援を行います。

 

自立訓練センター

TEL.0744-32-0200(代表)

内線530 利用相談窓口まで